「驚いた」「びっくりした」ときの中国語表現集

「驚いた」「びっくりした」ときの中国語表現集

このページでは、驚いたとき、びっくりしたときに使う中国語表現を紹介します。「アイヤー!」などは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

「驚いた」「びっくりした」ときの中国語

驚いたときに使う、「わあービックリ!」の中国語は“吓死我了! Xiàsǐ wǒ le!”です。

吓死我了!
Xiàsǐ wǒ le!
わあービックリ!

直訳すると「私をひどくびっくりさせる」です。“死”という字が入っていますが、これは「ひどく」という意味の強調表現です。日本人からするととても不思議な構造のフレーズですが、驚きの表現としては日常よく使われる定番的な中国語です。

本当にびっくりした瞬間に使う中国語

本当にびっくりした瞬間は“哎呀! Āiyā!”(あっ!)などの感嘆詞です。

哎呀!
Āiyā!
あっ!

“哎呀!” は万能でいろいろな場面で使えます。「イタっ」も「アチっ」も“哎呀!”です。“哎呀!”以外の驚きの感嘆表現としてはほかに“我的天呢!Wǒ de tiān ne!”“我的妈呀! Wǒ de mā ya!”などがあります。

我的天呢!
Wǒ de tiān ne!
あれまあ!
我的妈呀!
Wǒ de mā ya!
あれまあ!

いずれも英語の「オーマイガー! 」的表現です。上で挙げた“吓死我了!”(びっくりしたなあ)はこの驚きの瞬間が終わった後の感慨です。一呼吸置いた後の表現です。

驚きの時間経過による表現の違い

驚きの表現としては、まず驚いた瞬間は“哎呀!”などの感嘆表現、次に “吓死我了!”などの驚いた後の感慨、さらにその時の感情を振り返って “这使我吃了一惊! Zhè shǐ wǒ chīle yì jīng!”(このことに私はとても驚いた)などの描写表現がきます。

这使我吃了一惊!
Zhè shǐ wǒ chīle yì jīng!
このことに私はとても驚いた

この“我吃了一惊”も面白い表現です。直訳すると「ひと驚きを食べた」ですが、よく使います。ちなみにこの“惊”という簡体字、元の漢字は「驚」です。どうしてこんな簡体字になったのでしょう?左側のりっしんべんは「心」を表し、右側の“京jīng”は“警”と同じ音だから使われたのでしょう。

日本語の驚き表現「ええっ!」に近い中国語

日本語の驚き表現「ええっ」というしり上がりの感嘆表現を中国語に訳すなら “不会吧。Bú huì ba.”(あり得ない・ウソーっ)になります。“不可能!Bù kěnéng!”(断じてあり得ない)なども使えます。

不会吧。
Bú huì ba.
あり得ない・うそーっ
不可能!
Bù kěnéng!
断じてあり得ない

「へえー」「すごーい!」などの中国語表現

「へえー」という賛嘆まじりの驚き表現は“真的? Zhēnde?”(本当?!)や “好厉害!Hǎo lìhai!”(すごーい!)になります。

真的?
Zhēnde?
本当?!(→へえー)
好厉害!
Hǎo lìhai!
すごーい!

中国人の驚きのリアクション

中国人の驚きのリアクション、ふるまいは日本人とほとんど変わりません。「へえーすごいね」と賛嘆のリアクションでは親指を突き出す人もいます。英語の「サムアップ」ですが、別にアメリカ人のしぐさをまねたわけではありません。中国に昔からある、人をほめる時のボディランゲージです。中国語ではこのしぐさを“竖大拇指shù dàmǔzhǐ”(親指を立てる)と言います。