中国の歴史

この項目では、中国の歴史上の出来事や人物などを取り上げていきます。

儒教

儒教

儒教の歴史や思想、経書、日本との関わりなどについて紹介します。
孔子

孔子

儒教の開祖である孔子の生涯と、政治や道徳についての思想、名言などを紹介します。
論語

論語

孔子と弟子たちの会話を記した『論語』には現在の日本でも知られている様々な名言があります。
孟子

孟子

「孟母三遷」や「性善説」などで有名な孟子は、儒教では孔子に次ぐ聖人とされています。
老子

老子

道教の始祖である老子の思想や名言、『老子』に繰り返し出てくる「道」という言葉の意味などについて紹介します。
字(あざな)

字(あざな)

中国の歴史上の人物名を見ると、よく「字」(あざな)という、「姓」「名」以外の名前がでてきます。その「字」について紹介します。
中国の四大美人

中国の四大美人

「西施」「王昭君」「貂蝉」「楊貴妃」の四人と、中国における美人意識の変遷を紹介します。
西施

西施

西施は春秋時代の人で、越の策略により呉王に嫁ぎます。後に四大美人のうちの一人に数えられるようになります。
王昭君

王昭君

王昭君は四大美人のうちの1人で、前漢の人物です。漢の姫と偽り匈奴へと嫁いでいきます。
貂蝉

貂蝉

貂蝉は四大美人のうちの1人ですが、実在の人物ではなく、小説『三国演義』の登場人物です。
楊貴妃

楊貴妃

楊貴妃は唐の時代の人で、玄宗皇帝の妻となります。楊家の人間で政治を牛耳ったため、のちに責任を追及され殺されることになります。
虞美人

虞美人

虞美人(虞姫)は秦末期の人物で、項羽の妻です。四面楚歌の項羽との別れの場面、虞美人草の名前の由来などを紹介します。
蔡文姫(蔡琰)

蔡文姫(蔡琰)

蔡文姫(蔡琰)後漢の歴史学者蔡邕の娘です。匈奴の妻にされますが、曹操によって買い戻され、戦火に焼けた父の書物を書き直します。蔡文姫が詠んだとされる『胡笳十八拍』について18枚の絵とともに紹介します。