七夕節(中国の七夕)の由来と習慣 【織姫・彦星の物語】

七夕節(中国の七夕)

「七夕節」 中国の七夕

七夕節とは旧暦七月七日(新暦では八月)に行う節句です。非常に古くからある節句でしたが近年は廃れてしまっていました。ここ数年、西洋から入ってきたバレンタインデーに触発される形で、中国版バレンタインデーとして復活しています。

七夕の由来

七夕節と裁縫

七夕節は後漢(25~220年)の後期には特定の意味を持った祝祭日として定着していたようです。『四民月令しみんげつれい』(後漢の年中行事記)によると、この日人々は曲を作ったり害虫除去の薬を作ったり、本や衣類の虫干しをしていたそうです。この節句と織姫・彦星の七夕伝説が重なり、神と人の愛の物語を想う日となりました。

中国の七夕節は女性が裁縫や刺しゅうがうまくなるよう祈る日でもありました。というのは七夕のヒロイン・織姫は裁縫を司った神でもあるからです。ですから七夕節は中国では“乞巧节”(裁縫や刺しゅうがうまくなるよう祈る日)とも言います。

織姫・彦星の物語

七夕節を特別なものにしている物語、織姫・彦星の物語を紹介しましょう。

昔あるところに一人の貧しい若者がいました。両親はすでになく、彼は一頭の老牛とともに働き暮らしていました。とても牛を大切にするので、周りの人は彼を「牛郎」と呼んでいました。

ある日この老牛が突然人のことばを使ってこう言ったのです。

「今七人の仙女が近くに水浴びに来ています。仙女の衣を一枚どこかに隠してしまいなさい。それを探しに来た仙女があなたの妻になるでしょう」

牛郎は老牛の言うとおりにします。そしてその仙女と結婚することになるのですが、この仙女こそ織姫でした。二人は仲睦まじく幸せな日を暮らし、やがて子供にも恵まれます。

老牛は自分が死ぬ前に、自分の皮をとっておくよう言い残します。

「困った時にその皮を使うのだよ」と。

ある日のこと、天の王母娘娘(西王母)が天の将兵を送り込んで織姫を連れ去ってしまいます。牛郎は我が子を抱きかかえ、牛の皮にまたがってこれを追いかけます。もう少しで追いつくという時、王母娘娘はかんざしを抜くや天空を引っ掻いて天の川を作り出します。

こうして織姫と彦星は分かれ分かれになってしまいました。この様子を憐れんだ玉皇大帝は年に一度七月七日にだけ、二人が会うことを許したということです。またこの話には二人に同情したカササギが何千何万と飛んできて、カササギの橋を作って二人を会わせたという物語もあります。

七夕にちなんだ漢詩

織姫・彦星の物語には『迢迢牵牛星』と題された詩も残っています。後漢末の文人によって書かれた詩ですが、誰の詩なのかその名前はわかっていません。

天の川

『迢迢牵牛星』の原文

『迢迢牵牛星』 無名氏

迢迢牵牛星

皎皎河汉女

纤纤擢素手

札札弄机杼

终日不成章

泣涕零如雨

河汉清且浅

相去复几许

盈盈一水间

脉脉不得语

『迢迢牵牛星』の現代語訳

『迢迢牵牛星』 無名氏

遥かにみる彦星

美しく輝く織姫星

細く白い手を伸ばし

カシャンカシャンと機を織る

終日織っても一枚の布さえできず

雨のように涙がつたう

天の川は清らかで浅く

両岸はそれほど離れているわけでもないが

川の流れを間にして

言葉もなく想いをこめて見つめ合う

織姫・彦星ってどんな星?

夏の大三角

織姫星や彦星(牽牛星)の名前は七夕節とともに、日本では幼稚園の園児でも知っています。でもこの星ってどんな星なのでしょう。夏空を見上げても都会ではポツンポツンとわずかな星が見えるだけ。夏山に行って空を見上げれば無数の星が輝いていますが、どれがどの星なのかさっぱりわかりません。

夏の星を探す時「夏の大三角形」という名前だけは聞いたことがあるのでは?夏空にひときわ目立つ星を三つ結ぶと大きな三角形になる、この三角形を言うことばです。

この三角形の頂点にある星がそれぞれベガ(織姫星…ことざ)・アルタイル(彦星…わしざ)・デネブ(はくちょうざ)です。ベガ(織姫星)は天の川の西に、アルタイル(彦星)は天の川の東にあって美しい光を放っています。

星は昔、位置を確認する地図代わりだったのでしょうが、それにしても無数の星に名前をつけ物語を編み出すというのはすごい…それだけ生活に不可欠の存在だったのでしょうね。

乞巧節とは

七夕節はロマンチックな祭りと思われていますが、かつてはむしろ女の子たちが裁縫や刺しゅうの腕の上達を願う、女の子のためのお祭りだったようです。昔は裁縫や刺しゅうの腕、つまり家事などにたけた女性が人気の的、というより不器用な女の子はお嫁の貰い手がなかった、あるいは良いところにお嫁に行けなかったそうですから大変です。

嫁入り前の娘たちは七夕の夜、庭に果物などを供え、織姫星に裁縫上達の祈りを捧げたのです。

現代の七夕節

娘たちが星に祈りを捧げた七夕節・乞巧節はやがて廃れていきます。最近盛んになった中国の七夕節は恋人たちがプレゼントを交換し合ったり、一緒に特別なディナーを食べる、つまり中国のバレンタインデーとなっています。

日本では中国の七夕節が姿を変え、笹の葉に祈りを書いた短冊をさげ、自分の祈りを星に届ける星まつりになっていきました。日本では七夕だけではなく古来の伝統が今も生きています。

こうした情報が近年中国に伝わり、またバレンタインデーやクリスマスのような西洋の祭りもまた中国でもてはやされるようになるにしたがって、中国人は中国古来の伝統に意識を向けるようになりました。

近年の中国政府もまた、中国人を一体化させるために伝統を復活させることに力を入れ始めています。

また日本でも見られることですが、伝統の商業化、つまり儲けるためなら何でも利用しようという商人たちの魂胆もあるでしょう。

こうした機運に乗っての新しい七夕まつりの復活ですが、生活にゆとりができ、こうしたことを楽しめる時代になったということが、中国での七夕復活の最大の理由なのだと思います。