白蛇伝

白蛇伝

『白蛇伝』とは

白蛇伝』とは、中国人なら誰でも知っている民間伝説です。『牛郎ぎゅうろう織女しょくじょ』(織姫と彦星)(※「七夕節」のページで紹介しています)、『孟姜女もうきょうじょ』、『梁山伯りょうざんぱく祝英台しゅくえいだい』と共に、男女の愛をテーマにしたロマンチックな四大民間伝説の一つです。

『白蛇伝』ストーリーの変遷

白蛇伝』は、蛇が若い女性に化けて若い男性を襲い喰い殺してしまう、という民間伝説にさまざまなストーリーが加わり、蛇と人間のロマンチックな恋物語になったものです。

物語として最も早期に形になったものは明代の『警世通言』第28巻『白娘子永鎮雷峰塔』です。

その後清代初年の『雷峰塔』で『白蛇伝』は初めて戯曲化されます。

清朝の乾隆年間に出た全34幕『雷峰塔伝奇』により、『白蛇伝』の物語の主要プロットはおおよそ完成を見ます。この芝居は乾隆帝が江南への巡回の旅をした時帝に献上され、皇帝が見た芝居ということで全国的に有名になりました。

舞台上の『白蛇伝』は主に昆劇として上演されましたが、京劇、越劇、川劇でも演じられています。

『白蛇伝』のあらすじ

頤和園に描かれた白蛇伝

この物語の主人公は「白素貞」(または「白娘子」)と言います。白素貞は一匹の白蛇でした。青蛇とともに山奥で修業を積み、やがて千年が過ぎると人間の姿になることができました。

山の中の生活は寂しく、二匹の蛇はそれぞれ「白素貞」「小青」という名前の美女とその侍女に変身を遂げ、にぎやかな西湖のほとりにやってきて人間世界の自由で幸せな暮らしを求めます。

桃は紅く柳は緑の清明節の頃、杭州の城内に許仙という薬屋の番頭がいて墓参りに出かけました。帰り道大雨に遭い、歩くのも大変で断橋で船を雇い、これで帰ろうとしました。

白娘子は若い許仙に一目ぼれし、橋のたもとで許仙に船に同乗させてもらえないか頼みます。許仙は気持ちよくそれに応じ白娘子と小青を船に乗せました。涌金門で岸に上がる時、雨がまだ降っているので、許仙は傘を彼女たちに貸し、自分はずぶぬれになって家に戻りました。

翌日、許仙は前日約束したように、傘を受け取りに白娘子のところに行きますと、彼女から盛大にもてなしを受けました。こうして二人はその日の夜結婚式をあげます。ところがこの結婚のための費用が足りなかったので、小青が法術を使って銭塘県の役所から銀を盗んでしまいます。翌日これが発覚し、許仙は逮捕、鎮江に流されてしまいます。白娘子と小青は必死で許仙を探しようやく見つけ出します。許仙と白娘子はこの地で薬屋を開き、貧しい人に薬を分け与えたり病気を診てやったりして、町の人に喜ばれます。二人の暮らしは幸せそのものでした。

鎮江の金山寺の住職・法海は大変な神通力の持ち主です。彼は白娘子の来歴を知り、この江南の仏地でどうして妖怪を生かしておけようかと思い、托鉢を口実に二人の家を訪れその仲を裂こうとします。

許仙は自分の愛する妻が白蛇の化身だとは信じられず、といって法海にあれこれせっつかれるのも耐え難く、ついに端午節の日に白娘子にむりやり酒を飲ませてしまいます。するととばりの中で妻は白蛇の姿に変わっていました。許仙はそれを見て卒倒し今にも息が絶えんばかりになってしまいます。目をさました白娘子は万難をかえりみず、蓬莱島という仙島に仙草を採りに行き、これを飲ませて許仙を救います。

許仙は病が癒えた後も法海からあれこれと言われ、金山寺にお参りに行くことになります。法海はやってきた許仙を出家させ軟禁してしまいます。白娘子は夫を取り戻しに寺に行くのですが、どう頼んでも夫を返してくれないばかりか法海からひどい侮辱を受けます。

白娘子と小青はどうしようもなく、海老の兵・カニの将に頼み込み、長江を逆流させて金山寺を水に沈めてしまいます。法海も天兵天将を呼んでこれを鎮圧します。苦しい戦いをひとしきりやった後、身ごもっていた白娘子はとうとう法海に負け、小青とともに杭州に逃げ帰ります。

許仙は二人が戦っている間に杭州に逃げ戻っており、白娘子たちと西湖の断橋で再会します。白娘子は許仙が法海の言葉を軽々しく信じたことを責め、小青は許仙の裏切りを怨みこれを剣で殺そうとします。許仙は自分が間違っていたと詫び、三人は和解し怨みを法海に向けます。白娘子は出産に備えて夫の姉一家のところに身を寄せます。これが有名な『断橋相会』の場面です。

白娘子はやがて男の子を無事産み落とすのですが、この子の満一か月の祝いの時法海が再びやってきて白娘子を雷峰塔に閉じ込めてしまい、この塔が倒れないかぎり彼女がお日様を目にすることはないと言い渡します。しかしこの時うまく逃げ出していた小青が法術を使って雷峰塔を倒し白娘子を救い出します。

打ち負かされた法海は逃げ場を失いカニの腹に隠れます。今カニを食べようと背の殻を剥くと中に「和尚の姿」のようなものが見えますが、これが法海です。

その後白娘子と許仙、そしてその子供たちはともに楽しく暮らし、二度と再び分かれ分かれになることはありませんでした。

『白蛇伝』は日本でもアニメ映画に

この物語は日本でも東映によって映画化されています。日本初のカラーアニメ映画でした。ジブリの宮崎駿監督はこのアニメに感動して東映動画に入社したと言われています。

この他日本ではミュージカルにもなっています。中国でも『白蛇伝』の映画、テレビドラマ、アニメ、舞台、ゲームなどがたくさん作られています。奇想天外なファンタジー要素満載ですので、映像化にはぴったりです。

『白蛇伝』の魅力

西湖の断橋
西湖の断橋

『白蛇伝』の魅力は人によっていろいろでしょうが、日本人としてこれを見る・読む時の面白さの一つは、清明節という中国の伝統的な春の節句と杭州の西湖という美しい舞台を背景に、白蛇の白素貞と人間の許仙のロマンチックな物語が始まるところでしょう。

伝統的な時とロマンチックな伝説が実在の場所…有名な観光地で繰り広げられる、日本人はこうした設定が大好きです。美しい場所だけではつまらない、伝統的な節句の時間だけでは面白くない、そこに伝説が一つあるだけでその町は突然生き生きとしてきます。

西湖に行って断橋を見るだけで、そこに白娘子と小青、そして許仙が明代の衣装をまとって現れるのです。あるいはこの物語を読むと、かつて行った、あるいはこれから行こうとする観光地・杭州が白娘子と許仙の住む場所に変身します。町と物語が重なって異空間に変貌を遂げるのです。これこそ実在の場所に生まれた伝説を知る面白さです。