漁夫ぎょふ

意味
当事者が争っているうちに第三者に利益を持っていかれてしまうこと。
例文
この件で我々が争っていると、他の会社が漁夫の利を得るだろう。
出典
『戦国策』燕策……『戦国策』とは、戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策、その他の逸話を国別に編集し、まとめた書物。前漢の劉向の選。

「漁夫の利」の由来

漁夫の利」は中国の戦国時代に燕策えんさくが用いた例え話が元となってできた故事成語です。まずはこのお話の年表と地図から見ていきましょう。

「漁夫の利」の故事の時代

「漁夫の利」の故事の時代(年表)
漁夫の利」の故事の時代(年表)。中国の戦国時代の出来事です。

「漁夫の利」の故事の場所

「漁夫の利」の故事の場所(歴史地図)
漁夫の利」の故事の場所(歴史地図)。易水は北京の南を流れる川です。この地図では中央上部に位置します。

「漁夫の利」の故事

漁夫の利

中国の戦国時代の話です。ちょう(BC403~BC228 戦国時代に存在した国。戦国七雄の一)がえん(BC1100~BC222 周・春秋・戦国の時代に存在した国。現在の北京周辺の土地を支配した。戦国七雄の一)を討とうとしていました。蘇代という遊説家が燕のために、趙の恵文王のところに言ってこう説きました。「今回こちらに来る途中易水(河北省を流れる川。現在の中易水)を渡りました。そこにはまぐりが出てきて、シギがその身をついばみました。すると蚌は鷸のくちばしを挟みこんでそのままぴたりと口を閉じてしまいました。鷸は

『今日も明日も雨が降らなければお前は死んでしまうだろう』

と言いました。蚌も負けずに

『そっちこそこのままなら死んじまうだろう』

と言い返しました。両者はお互いに譲ろうとしません。そこに漁師がやってきて鷸と蚌の両方を捕まえてしまいました。

今、趙は燕を討とうとしていますが、燕と趙が争って民衆が疲弊すれば、強大な秦(しん BC778~BC206 周・春秋・戦国の時代に存在した国。BC221に中国を統一したが、BC206に滅亡。首都は咸陽)が乗り出し漁夫の利をかっさらっていきはしないでしょうか?どうか大王様、ここはぜひともよくお考えください」

これを聞いた趙の恵文王は「なるほど」と言って燕攻めをやめました。

この話が元になって「漁夫の利」という故事成語ができました。

「漁夫の利」の関連語

「漁夫の利」は『戦国策』の中にある、遊説家が例え話を用いて戦争を思いとどまらせる話ですが、同じ『戦国策』の中にある「蛇足」も同じような流れでできた故事成語です。

「漁夫の利」の中国語

中国語渔翁得利
ピンインyú wēng dé lì
音声
意味意味は日本語の場合と同じで、当事者が争っているうちに第三者に利益を持っていかれてしまうこと。

または、

中国語鹬蚌相争
ピンインyù bàng xiāng zhēng
音声
意味こちらの意味も日本語の場合と同じです。

と言います。「漁夫の利」とは言わず上の二つのように言います。